過払い金を取り戻すために

消費者金融などからお金を借り、業者に言われるとおり返済を続けた結果、利息制限法の利率を超える利息を払ってしまうことがあります。その額が元本と利息を足した額を上回った場合、業者に過払い金返還請求をすることができます。

過払い金返還請求の調査のため、必要になるのが、業者から借主との取引過程の全情報を入手することです。 開示請求は文章を作成して郵送するのが、借主にとってもっとも負担の少ない方法といえるでしょう。 開示請求を行う文章の形式については、特に法令で決まりなどはありませんが、最近は大手の消費者金融業者が、サイト上に開示請求の手順を紹介し、書式がダウンロードできるように準備してあります。

貸金業者が取引経過の開示に応じてくれて、書類を送ってきてくれたとしても、まだ安心はできません。 業者によっては、過払い金請求を避けるため、一部の取引経過のみを開示したり、返済の記録を改ざんするなど、不正な細工を施している場合もあるのです。 業者から取引経過の資料が送られてきたら、一番最初の取引期日や借入金額を確認します。記憶とずれがあったり、借入金額に端数があるなど、何かおかしい、と思うことがあるかもしれません。「すべての情報が開示されていないかもしれない」ということを念頭に置いて、注意深くチェックしてください。 取引の一部しか開示されていないことが明らかな場合、もう一度、業者に対して、取引経過を全開示するよう申し入れします。

~PICK UP~
過払いに関する相談を専門家に無料で出来るサイトです → → 過払い